国際結婚ワンオペワーママ奮闘記

ナイジェリア人夫と結婚13年目、3人育児中ワーママです。英語独学でも社内通訳レベルになる方法、ナイジェリア起業の夢、ワンオペ育児のコツ、書評を発信しているブログです。

時間のないワーママでも。

時間の使い方について、あるフォロワーさんの投稿が目に留まりました。

[https://twitter.com/kaminari3ban/status/1157917182795272192:embed#反省した。

子供ができてから、
言い訳してた自分に。

子供がいるワーママだから、
時間がない。と。

子供がいる事に、甘えてた。

昔の自分は、
もっと時間を上手に使ってた。

今だって、できるはず。

今日、反省した。]


非常に共感するツイートでした。

これは恐らく、ワーママに限らず、

ワーママでなくても世の中の家事、育児、仕事を頑張っている全てのお母さんが考えたことなのではないでしょうか。

子供のためだったはずなのに、

時間に制限があることを、子供のせいにしてしまっている自分・・・。

私も「毎日ブログ更新」を掲げながら、最近更新できていません。

それを仕事の疲労、育児の疲労のせいに

心の中でしてしまっている自分がいます。

ワーママは時間がない。

でも、時間がないからそこから時間を作り出そうとする。

効率的な時間の使い方を考え、実行する。

それがワーママの価値なのではないかな、

と感じます。
f:id:baba26:20190806114022j:plain

思えば、自分が部活で多忙だった中学時代。

朝7時からの朝練。

夜は18時過ぎまでの夜連。

家に帰ると夕飯を食べるだけでもクタクタ・・・・。

勉強する時間がほとんどなく、

朝5時に起床し、朝練前の1時間~1時間半だけ毎日テスト勉強をしていました。

それでも、学年1位を取るほどの成績をキープできたのは、

時間に制限がかかっていたからだと思います。

もし、時間が有り余るほどあったとしても、私は勉強していたのでしょうか?

答えはNOだと思います。

ないものを絞り出そうとするから、その絞り出したものが
密度の濃いものになり、

そこに集中しようと自分も努力をする。

20年以上も前の自分ができていたんですから、

今の自分もできるはず。

体力的にはかなり落ちてきついけど、

昨日よりも1秒でも、1分でも、時間が捻出できたなら、

自分をちゃんと褒めてあげよう。

そう気づきを得られた投稿でした。

世界には同じ悩みを持つワーママが沢山いて、

みんなそれぞれ工夫をこらした時間術を見出しています。

ツイッターから得るものは多いです。

この文明に感謝!