国際結婚ワンオペワーママ奮闘記

ナイジェリア人夫と結婚13年目、3人育児中ワーママです。英語独学でも社内通訳レベルになる方法、ナイジェリア起業の夢、ワンオペ育児のコツ、書評を発信しているブログです。

職場復帰初日

おはようございます 。

今日から職場復帰です。

が、このブログを書いているということは仕事中ではありません。

今朝は、次男の火傷で再度病院に行ってきました。

ジュクジュクしている火傷は、皮膚を乾かすと皮膚が壊死してしまうので、

厚さ1 CM ぐらいになるぐらいまでどっぷりと治療用のクリームを塗ってもらい、ガーゼと包帯でぐるぐる巻きの状態で、保育園に置いてきました。

連休明けということもあり ワンワン泣いており、心が痛くなる思いで見送ってきた、そんな朝 です。

本当に、毎日傷口を見る度に自己嫌悪になり、

これまでの育児の中で、1番心が痛む出来事となりました。

でも、保育園の先生はやはりこういうことに慣れているようで、

私を責めるようなことを言ったり、

「かわいそうに」

という言葉を言ったりっていうことはやはりしないんですね。

それは私の気持ちを察してくれているようで、とてもありがたかったです。


昨日は、朝から旦那さんに次男の火傷のことで責められ、

大泣きしてしまいました 。

これまで、我が家の子ども達の大きな怪我というと、

破天荒な長男の骨折4回(ひび1回含む)、捻挫1回があるのですが、

どれも彼がサッカーや遊んでいる間の怪我ばかりで、

私の不注意で 引き起こした怪我というのは今回のやけどが初めてです。

次男を溺愛している旦那さんとしては、とても許しがたいことで、

火傷をした当日も、何も言わず私を睨み付けていたぐらいです💧

彼もショックで悲しみと怒りの矛先が、
原因である私に向けたかったのでしょう。

昨日は、私に

「ダメな母親だ。

お前がいたのに、この子がこんな痛い思いをさせられて。」
と言いました。

それは、私が次男が火傷した瞬間から常に思っていたことだったこともあり、

言語化されたことで物凄い責任感を感じ、彼が仕事へ出掛けた後に、

耐えきれず子ども達の前で号泣してしまいました………。

長男と長女が、ぬいぐるみを持ってきて慰めてくれたり、

タオルで私の涙を拭いてくれたり、

長男に関しては、

「 ママだけが悪いんじゃないよ。

ダディもママも○○(次男)も悪い。

ダディはいつも家にいないからママが大変になって、

ママはヘアアイロンをちゃんと隠さなかったのが悪くて、

○○(次男)は、それを触っちゃったのが悪い。

だから、ママだけじゃないんだよ。

だから泣かないで。 」

と言葉をかけてくれました。

この言葉にすごく救われました。
ありがとう、長男。



f:id:baba26:20190507112318j:plain



傷痕、残らないように小まめに受診したいと思います。

では、これからお昼を食べて出社してきまーす!